本文へ移動

葬儀における宗派別作法について

葬儀における宗派別作法について
宗派によって線香の作法や焼香の回数、順番等が異なります。 宗派別の作法をご紹介しておりますので、ご参考ください。

宗派別 線香・焼香・作法

(注)お寺様・各派・地域によっては異なる場合があります。詳しくは自身の宗派元にてご確認ください。
 
(注)「香を押しいただく」とは、
右手の親指・人差し指・中指の三本で抹香(香木を砕いた細かい木片)を少量つまみ、手を返して額の高さまでかかげること。
宗派
線香
焼香
浄土真宗本願寺派(西)
寝かせる
1回(香を押しいただかない)
浄土真宗大谷派(東)
寝かせる
2回(香を押しいただかない)
浄土宗
立てる
通常3回(香を押しいただく)
曹洞宗
立てる
通常2回(香を押しいただく)
臨済宗
立てる
通常1回(香を押しいただく)
天台宗
立てる
通常3回(香を押しいただく)
真言宗
立てる
通常3回(香を押しいただく)
日蓮宗
立てる
通常3回(香を押しいただく)

電話でのお問い合わせ

葬儀のことならお気軽にご相談ください。
24時間・年中無休で受付いたします。
TOPへ戻る